1週間で2万4千円手にした話「お金を整える」を読んで 

この記事で紹介する「お金を整える」という本を読んで実践していくと、自然とお金が貯まり始めます!

私自身も、お金を整えるを読んで、使っていない銀行口座を解約したら、1週間で2万4千円得る!という効果がありました。

この記事では、「お金を整える」のポイントを紹介しつつ、実践することでどんな成果があったかをお伝えします。

この記事を読み終えて、「お金を整える」ことを初めて、自分の人生を生きることに進んでもらえたら嬉しいです。



お金を整える

本のポイント


著者は、お金がないことの不安でいつもお金がないと思っていた状態から、お金の通り道を整えることで、人生も整えられました。お金が整えられると、自然と不安が少なくなり、お金があることを感じた体験が記されています。

本には、周囲の主婦の方とも一緒に取り組んだ「お金を整える」コツとその体験談がたくさんあります。

例えば、冷蔵庫を整えたことで年間18万円貯金できた人や、通帳を整えてローンを整理した結果、800万円の減額につながった体験談が書いてあります。

では本はどんなコンセプトでしょうか?

メインコンセプト →「お金を整えることで、人生も整う」

この本のポイントは、「お金を整えること」で「人生も整う」です。
お金版の断捨離、「お金を片付けることで人生が片付く」、お金版のこんまりさんのようですね。

言い換えると、お金は「通り道」を整えることで、自然とお金が増えていくのがポイントです。


お金を整えることで起きる3つの変化があります。
 ・お金をシンプルに管理できるようになる
 ・ムダなものにお金を使わなくなる
 ・お金が貯まりだす

いずれも通り道を整えることで、自然とお金の流れが整えられていきます。

実際に、整えるポイントは、7つで、「財布」「通帳」「冷蔵庫」「手帳」「借金」「お家」「夫」。

それぞれの整えるポイントで、具体的にどう整えたらいいのか?が記されていて
すごく実践しやすい本です。

本の中ポイントは?

本の中でのポイントをいくつか紹介します!

もしかすると、お金はないのではなく、その周りが散らかっていて、見えないだけなのかもしれない。

今日の食べ物が数年後の自分の身体に影響してくるように、
今日の財布の使い方が、数年後の経済状況に影響してくるのです。

たいせつなことは、どこにお金を使うか、どこにエネルギーを向けるかということ。

財布を整える、5枚しかカードを持たない
クレジットカードは1枚にする
キャッシュカードは持たない
身分証明書は1枚にする
ポイントカードは3枚まで

しかし、この「念のため」という思いがお金を増やすエネルギーを邪魔してしまっているのです。
人間は、弱い生き物です。そのため「念のため」と考えることで、ことあるごとに、「お金をおろす」ことを自分に許可しているのです。

「お金はなくなったらおろすもの」という意識で、コンビニやATMで気軽におろす習慣がある人は、お財布のなかにいくらあるのかに対して無頓着です。これでは、計画性がなくなり、ムダな出費が増えてしまう。

たとえ、「残った分を貯金しよう・・・」と考えていても、結局、残ることはありません。

休眠口座は全て解約する。
お金を引き出すのは月2回にする

食費が自然に減る5つのステップ
1不要なものを捨てる
2「一週間買い物リスト」をつける
3買い物は週に2回、曜日を決める
4冷蔵庫の段ごとに食材の位置を決める
5「足りない栄養コーナー」を作る

3つの書き込みで手帳を整える
1 予定と金額をセットで描く
2 日曜日に財布の「残金」を書く
3 財布を開かなかった日に印をつける。

自分とお金の関係を考えた時、私たちには、2つの選択肢があります。
それは「お金に自分がコントロールされるか」「自分がお金をコントロールする」かです。手帳は、たんに予定を忘れないためのツールではなく、「決めた未来を現実化する』ためのツールなのです。
「なんとなく」をやめること
「自分で選ぶ」を習慣にすること

いますぐリボ払いをやめなさい。
実際は、多額の利息を払っていますが、毎月支払う金額が同じため、いくら買っても、借金が増えている感覚が掴みにくい仕組みです。

部屋が散らかるとお金が逃げる
ものが散らかっていることの問題は、「必要なもの」と「不必要なもの」が混在してしまうことです。

お金が入ってくる家にする3つの決まりごと
【リビング】 床にものを置かない
【キッチン】 食器を「ひとり、ひとつ」にする
【クローゼット】1着買ったら、1着捨てる

貯めたエネルーをどうつかうか
それは、どう生きるかを決めることでもあります。夫婦でお互いの価値観を理解し合い、お互いを尊重しながら、自分がたいせつにした価値のためにお金を使っていきましょう。お金をたいせつにすることは自分の人生をたいせつにすることでもあるのです。

本を読んで実践したこととその効果は?

最後に、「お金を整える」を読んで実際に実践したことと、その効果を紹介します。

銀行口座を3件解約したら、2万4千円得た!

銀行口座が、6つありましたので、その中で、銀行口座を4件解約しました。
正直、持ちすぎでした。

三井住友銀行の口座を解約した際には、、
昔に貯めていた2万4千円があることに気づきました!

積立定期で24万円たまっていたのですが、借り越しで22万円マイナス残高になっており、残りの2万4千円に全然気付きませんでした。
ラッキーですよね。

最終的には口座を解約することで、口座は2カ所に集めることにしました。口座を整えることで2万4千円得しました!

カードの持ち歩きを2枚にしたら、「お金がある」感覚を持てるようになった

持ち歩くカードを6枚から、2枚に減らしました。

2枚は、クレジットカードと免許証だけです。
必要なカードだけにすることで財布の中が綺麗になりました。

キャッシュカードをもたず、シンプルになると、すごくお金が「ある」ように感じます。

キャッシュカードを持っていないとかなり不安になりますが、いかにいつも「なくなったらお金を下せばいい」と考えているかを感じました。

慣れてくると、キャッシュカードがなくても生活することができるのを感じています。

お金を下ろす日を2回に決めたら、お金の使い方を考え始めた

今までは、お金がなくなった時にお金を下ろしていました。

この本を読んで、お金を下ろす日を月2回にしました。

下ろす日が決まっていると、
「ほんとにこれで足りるのかな?」って思ってしまうので、なかなかハラハラします。

下ろす日を決めたことであと残り何週間をこの金額で使うのか?とお金の使い方を考える癖がつきました。1週間単位でお金を考える癖が生まれので、自然とお金を使うことが減りました。今後どれだけ減っていくのかが楽しみです。

一週間の買い物リストを作成したら、月1万円食費が減った。


一週間何を買い物するのかをリストにしました。
具体的にどれを買うか?を決めて、買い物をし始めました。

今までは、その時に必要なものを思いつきで購入していましたが、計画的に購入することによって、数日間の予定を立てることができるようになりました。

またリストにしているので、買い忘れが少なくなる効果もありました。

そして、毎回買い物をすることが減り、月1万円食費を減らすことができました!

年間12万円のプラスですね。

まとめ


「お金を整える」ことで、人生も自然と整っていくのを感じます。この本を通して、お金を整えながら、自分がどんな分野にエネルギーを費やしているのか?がすごくよくわかってきます。

そしてそのエネルギーをどこに向ければいいのか、どこに向けていくのかも,どのように選択していくかだと感じます。

何気なく使っているお金を、自分で選択して、何に振り分けて使っていくか?が大事だと掴める一冊です。


お金を整える

コメント

タイトルとURLをコピーしました