未分類

【体験談】バリューブックス どうやる?実際に使ってみた。メルカリとどっちがいいの?

本を売ろうと考えている時に、FacebooKやAmazonでよく出てくるバリューブックスってなんだろう?と思っていたので、使ってみました!
実際に使ってみてどうだったを紹介します。

本を売るなら、メルカリの方がいいかな?と最初は思っていたので、バリューブックスとメルカリとの比較もしてみます!

バリューブックスとは何か?

 バリューブックスは長野県上田市にも実店舗があるインターネットの本買い取りと古本販売の会社です。
 

 もともと、本をネットで売ることからスタートしていて、本を箱に詰めて、家で待つだけで本を売ることができるサービスが売りです。

https://www.valuebooks.jpより

バリューブックスはどういう仕組みか?

具体的にどんな仕組みになっているでしょう?

バリューブックスは、集荷に来てもらい買い取りしてもらえる本の売買システムです。

バリューブックスの場合は、箱に詰めれば、買い取りに来てくれるので、時間的に楽ですね。ただ送料が1箱あたり500円かかります。送料がかかる分、その分買い取り価格が高めに設定されているそうです。

メルカリやヤフーオークションなどの販売サイトとの違いは?

他の販売サイトとの違いは、家で待っているだけで、集荷に来てくれることです。逆に、メルカリやヤフーオークションでは、実際に販売するために出品、商品説明、販売、梱包、出荷が自分で必要です。

実際の買取の仕方はどうなっているのか?

買い取りにあたっての手順は3つです。

1本、本棚をスキャンする。


「本棚スキャン」や本の裏表紙にあるバーコードを読み込むと、「バーコードスキャン」で査定金額があらかじめわかります。

2梱包する

送る本を段ボールなどの箱に詰めて、梱包します。

3買い取りを申し込む

この3つが終わると、実際に4〜5日後に集荷に来てくれます。
そしてその後、具体的な査定金額の連絡がきます。
その際に、本を売るか、売らないかを選択することができます。

バリューブックスはお得なのか?

「査定金額が1500円以上になる場合は、バリューブックスを利用するのが
オススメ!」とホームページにも書かれていますが、実際どうなのでしょう?
私自身も、本を売るならメルカリでいいんじゃないか?とも思うので、実際に試してみました!

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.valuebooks.jp/endpaper/5974/"]

実際にバリューブックスで、本を売ってみた。
(売るまでの過程)

1査定 


売るまでに事前に査定しました。
実際にバーコードでスキャンしてみました。

バーコードスキャンは、写真のように、背表紙にある、バーコードを読み取ります。

バーコードスキャンで事前査定した本はこちら。メルカリの相場も気になったので、調べてみました。

本のタイトルバリューブック(事前査定)メルカリ
(相場
)送料込み
ドラッカー理論で成功する
「ひとり起業」の強化書
360円1000円
いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応
人気講師が教 える本格Webサイトの作り方(「いちばんやさしい教本」シリーズ) 
480円300〜1600円
年収90万円でハッピーライフ96円430〜600円
雄気堂々(上)12円450円
さいはての彼女24円300円
6小さなサロンのつくり方600円500円〜1000円
7ことりっぷ 台北 海外版132円300円
8問題を解く力を鍛えるケース問題ノート240円850円
送料-500円−1600円
合計1444円3500円
                         メルカリの送料は1冊200円としました。

メルカリと比較するとどうか?

査定だけみると、バリューブックスは1,444円、メルカリは合計3,500円となり、メルカリの方が、断然高く売ることができます。

ただ、今回は、実際にバリューブックスを体験するために、バリューブックスに買い取り依頼をかけました。

ちなみに、メルカリとの比較は、実際にバリューブックスのサイトでも比較してくれています。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.valuebooks.jp/endpaper/5974/"]

バリューブックスは、本が一度に簡単に売れて、時間がかからなくてすむのがメリットと言えそうです。

一つ一つやり取りする時間と、送る手間や時間がもったいない。という方であれば、バリューブックスがオススメですね。

2実際に集荷を依頼しました。

梱包した様子はこんな感じです!

集荷を依頼してから4日後に、引き取りしてもらいました。ヤマト運輸で引き取ってもらい、準備としては梱包だけでした。楽ですね。

実際の査定金額は?

発送したものが到着した次の日に査定が完了しました!
結構早いですね。

査定が完了したら、メールで連絡が届きます。すごく親切!

買取査定状況が、マイページで分かります。

実際に買い取りできたのはこちらでした。

査定金額は、合計1,322円でした!!
今回は、まずは試してみようということで、実際に売りました!

実際にバリューブックを利用してみて感じたメリット、デメリット

メリット

やっぱり郵送が一回で済むので、簡単です!時間をかけずに売ることができるのは、便利ですね!

市場ランクの高いものは、メルカリで売るよりも高く売れました。
送料を含めると、メルカリの相場よりも高く売れるものがありました。市場に流通しているベストセラーは逆に安くなってるので注意が必要です。

デメリット

トータルの金額ではメルカリに負けてしまうので、売る金額を最大にしたい人には向いてません。500円の送料は、出来る限り多くの本を送らないと元がとれないですね。

実際にバリューブックスでメルカリとの比較してくれています。
メルカリは、手間と時間をかけた分、高く売ることができる。バリューブックスは、本がかんたんに売れて、時間がない人でも便利に使えるのが嬉しいところですね。

違いは、時間がかかる手間をかけるか?かけないか?ですね。本が大量に出てきて、1冊ずつ売ることが手間な人や、段ボール箱にたくさん本が入って保管されている人は、バリューブックスがオススメですね。

まとめ


バリューブックスの方が買い取りまでが早くて簡単ですが、デメリットして、買い取り金額が安いです。


郵送の手間や売れるかどうかを待つ時間を考えると、トータルとしてはメルカリよりもメリットがあるかもしれません。


何を重要視するかによって違いますが、
家から出てきた本をなんとかしたい!
一度に時間をかけずに処置したい!
という方には
バリューブックスがオススメです!