未分類

【体験談あり】購買部門に向いている人は?5つの特徴

悩んでいる人
悩んでいる人

資材調達・購買部門で働きたいなぁと思うけど、どんな人が向いているの?
交渉力がある人で、コミュニケーション能力がある人が購買につくんじゃないの?
資材購買に転職したいなと考えているけど、購買に向いているのか?

 

 

こんな疑問ありませんか?
この記事では、購買部門に向いている人の特徴を5つ紹介します。私自身は、東証一部上場企業で新入社員から11年購買業務をして来ました。体験談も踏まえてお答えします!

 

 

購買部門に向いている人の特徴は5つです。
(誰でも可能)

結論からいくと、購買に向いている人は5つの特徴があります。私自身は、購買の仕事をして来た中で、たくさん購買の仕事に関わる人を見て来ました。以下の5つです。

購買部門に向いている人の特徴5つ

・買っているものに興味が持てる
・公平でバランス感覚がある
・聞ける人(答えを全て持っているわけではない)
・裏表ある人
・70点で進められる人

5つの特徴を順番に紹介します!

 

1買っているものに興味が持てる

購買では、買っているものに興味を持つことが大事です。何を購入しているのかがわからないと、実際にそのモノやサービスの価格が妥当なのか?がわからないからです。

価格が妥当なのかを判断する上でも、買っているモノやサービスに対する興味を持って接することができることが重要です。知識を持っている必要はありませんが、興味を持って勉強しようとする姿勢があるかどうか?が大事です。

 

2公平でバランス感覚がある

バランス感覚は大事です。
購買は、公平さが求められます。ものを買うときには、複数の会社で購入金額を査定する場合があります。1社に振り回されることなく、複数比較することが大事になります。

1社だけにえこひいきしたり、振り回されていると、公平な判断ができない場合があります。どちらにもいい顔する必要はありませんが、客観的な視点が必要です。

 

3 聞ける人(答えを全て持っているわけではない)

購買業務をしていて一番感じるのは、購買業務は1人では出来ないということです。

購入する人(実際の使用部署)、取引先、実際使用する人、上司、設計技術など、関わってくる人がたくさんいます。

いつまでに、どんなものを、どれだけ必要なのか?は購入する人しかわかりません。判断基準もほとんどが、購入する人が必要としている基準になります。購入の仕方や判断は購買や資材で決めるかもしれませんが、必要なものの基準は、実際使用する人が決めることになるということです。

基準は聞かないとわからないことが多いので、「聞く」ことが重要になります。

 

 

4裏表がある人

購買の仕事って裏表が必要です。
表では、取引先と一緒に楽しそうに話していますが、裏では、取引先の人の話を客観的に話を聞いています。

「わからないふりしてとぼけるんだよ。」

新入社員の頃に上司に言われた言葉です。わからないようなふりをして、取引先と話して色々なことを絶妙に聞き出す。そんなことを上司はやっていました。

でも、これって多分どの仕事をしていてもやる必要があることですね。

 

 

5.70点で進められる人

購買の仕事は納期がある仕事です。いつまでにどんなものが欲しいのか?が決まっています。クイックレスポンスで、少し決まったら動き出すことが必要です。

私自身も、交渉の遅延をタイムリーに上司に報告しなかったことで、工場現場で購入する人が夏休みの出勤することになってしまったことがありました。

すぐに判断していくことが求められます。70点ぐらいでもすぐに反応していくことが必要です。動き出して、修正することもたくさんあります。とりあえず動き出せるのが大事な点です。

 

 

交渉力=話す力ではない。購買部員には、いろんな交渉スタイルがありました。

「交渉力がある人が購買に向いている」というのがありますが、実際は購買やっている人でもいろんなタイプの方がいました。

「交渉力がある人=話すのが得意な人。」
という印象がありますが、そんなことはありません。

ぶっちゃけ交渉が上手いなと思った方に共通しているのは、
相手に話させようとしている人でした。

話を聞いてあげて、引き出すことが上手な人が多いです。
交渉の場においては、最終的な落とし所(相手と自分が落ち合うポイント)を探ることが大事です。落とし所を探る上でも、いろんな情報を聞き出そうとしている人が、交渉が上手で上手いなと思う人でした。

話すのが苦手だからといって、交渉ができないというわけではないです。
裏を返すと、、話が得意でないと、購買向いていないというわけではない。
というのが、体験を通してお伝えしたいことです。

まとめ

以上、ここまで購買に向いている人の特徴5つを紹介しました。
5つの特徴は以下です。

購買部門に向いている人の特徴5つ

・買っているものに興味が持てる
・公平でバランス感覚がある
・聞ける人(答えを全て持っているわけではない)
・裏表ある人
・70点で進められる人

購買部門に向いている人として5つの特徴をあげましたが、これって結構な確率で、優秀な営業や仕事ができる人が持ち合わせているような特徴でもあります。購買の仕事に興味があったらまずは求人広告や転職サイトを見て、実際の仕事を見てみることがオススメです。

求人案内に仕事の具体的な内容が書かれています。その内容を見た方がわかりやすいです。
実際に転職するとなるとハードルが上がりますが、転職活動自体は、無料でリスクなくすることができますので、まずは、無料登録から始めましょう。

 

購買の仕事に転職を考えているならこちらがオススメです。
20代向けは、リクルートエージェント・・・比較的広範囲の優良企業を紹介してくれます。

30代向けは、以下の2つがオススメです。
マイナビエージェント・・・日系の会社であれば、上場企業を多く紹介してくれます。

JAC Recruitment・・・年収600万円以上を狙う場合や、外資系の日本法人の求人が多めで、手厚いサポートが期待できます。

購買の仕事は、会社によっても微妙に異なるので、いくつかの求人を見ながら考えるのがオススメです。